古物商許可の種類

古物営業の種類

古物を売買、交換する営業をやりたい・・・・・・・1号営業 (古物商といいます)

古物市場を経営する営業をやりたい・・・・・・・・2号営業 (古物市場主といいます)

インターネットオークション事業をやりたい・・・・3号営業 (古物競りあっせん業者)

このサイトでは一般的で申請も多い、1号営業(古物商)についてご説明します。